日本ニュートリション株式会社
  • サイトマップ

  • English

  • お問い合わせ

採用情報

社員紹介

チャレンジさせてくれる社風と品質保証の仕事に対する考え方に共感し入社しました。 2016年度 中途入社 管理第二ユニット 品質保証チーム 品質保証職 K.H

所属部署について

品質保証チームは、営業、ロジスティック、製造とは独立した組織となっています。
主な業務は1)自社工場の品質保証体制の構築及び改善、2)自社製品及びその原料、輸入販売する商品等の安全·品質、法令の構築、3)ビジネスにおけるコンプライアンス管理体制の構築に関わる業務を行っています。
当社の品質保証業務の特徴として、飼料畜産の先進地域である欧州の飼料添加物品質管理規格(FAMI-QS)及び国際的な食品管理規格(ISO22000)の認証に加え、国内の飼料GMPガイドラインに基づく3つのマネジメントシステムの運用を基に管理体制の構築及び改善を行っているところです。

担当業務について

私は、主に下記の業務を担当しています。
1.業界法令対応
2.購買原料の書類審査
3.国内外のサプライヤー、物流業者、廃棄物処理委託先の監査
4.ISO22000,FAMI-QS,飼料GMP,HACCPに基づく管理体制の構築
5.行政への登録等のサポート業務
6.社内の問い合わせ対応、勉強会の実施
7.認証審査の立ち合い(ISO22000,FAMI-QS,飼料GMP)

どの業務においても、他部署と関わる業務が非常に多く、関係法令の理解はもちろんのこと、他部署の業務内容(製造、購買、物流、営業など)の理解も必要とされ、日々勉強しながら業務に取り組んでいます。
また、鹿島·志布志工場や国内外へ訪問監査に行くこともあり、現場に足を運ぶ機会も多くあります。

成功体験、失敗体験について

廃棄物コンプライアンス管理の体制構築 これまで属人的であった産業廃棄物のコンプライアンス管理を、システムによる管理へ変更することになり、システム導入から運用開始まで約1年かけて取り組みました。
 私自身、廃棄物に関する業務は未経験であったため、まずは関係法令(廃掃法、行政の条例等)の勉強から始めました。
次にシステムに登録するにあたり、これまで鹿島·志布志工場、全国の営業倉庫からの廃棄実績を洗い出し、産廃業者との契約書、業許可証が法的に問題がないか1社ずつ、産業廃棄物の種類ごとに確認し、数十種類の廃棄ルートを完成させました。
最後に、担当者がスムーズに実務を行えるよう、システムの説明会開催や手順書の作成を行い、目標としていた期限内にスタートすることができました。 コンプライアンス管理の体制構築には、関係法令から実務まで理解をした上で進めることが重要であると実感しました。

JNCに就職を決めた理由は?

前職は、登録検査機関にて食品や飼料の一般成分分析を担当しておりましたが、視野を広げ、より安定した製品の供給や品質システムの構築に携わりたいと思いました。
当社は飼料業界の中でもいち早く、ISO22000,FAMI-QS,飼料GMPの導入をしており、非常に興味を持ちました。
また、これまで品質保証の業務経験はありませんでしたが、チャレンジさせてくれる社風であること、面接にて、上司の品質保証の仕事に対する考えが、私自身が目標としたい姿だったため、入社を決めました。

<内勤の場合>

9:00
JNCのビジネスに関わる10数種類の法令情報を確認。必要に応じて関係部署へ情報シェア。
10:00
行政への問い合わせ
11:00
自社製品の規格書・ラベルの法的内容のチェック
12:00
お昼
13:00
社内審査業務(新規原料購買の書類審査、商材の広告内容審査など)
15:00
鹿島・志布志工場とTV会議(監査の事前準備、指摘事項の対応について協議)
17:00
会議議事録作成、出張・監査準備
18:30
退社

※上記は2018年9月時点の情報となります。

他の社員紹介を見る

品質保証職 R.O 営業職 K.K 品質保証職 K.H 製造職 T.H 製造職 M.E 営業職 Y.K

エントリーはこちら

※現在エントリーは受付けておりません

PAGE TOP