日本ニュートリション株式会社
  • サイトマップ

  • English

  • お問い合わせ

採用情報

社員紹介

原料や製品の安全性を日々評価し、最も大切な製品の『品質』維持に努めています。 2011年度入社 製造ユニット 鹿島工場 品質管理チーム

所属部署について

鹿島工場の『品質管理チーム』は、製造ユニット内に位置し、飼料添加物(弊社製品)の『品質』維持、さらに『品質』向上の為、日々分析業務全般を行っている部署です。弊社は、基本理念や行動指針にも掲げられているように、なによりも『品質』を大切にして事業に取り組んでいます。品質管理チームでは、『品質』重視という弊社の理念の中において、『飼料安全マネジメントシステムマニュアル』という『抗菌剤GMP(国内の認証)』や『FAMI-QS(ヨーロッパの認証)』をもとに作成された基準に則って、製品の『品質』維持や向上に努めています。その中で、お客様へ安全・安心な製品を提供する一翼を担っている部署が『品質管理チーム』です。

担当業務について

部署紹介で紹介しましたように、分析に関わる業務全般に携わっています。具体的には、原材料・製品の成分分析や原料の物性評価試験、自社輸入品の安全性の確認試験などを行っています。主要な分析項目として、ビタミンE、B2などといったビタミン類、銅や鉄などといったミネラル類、抗菌性物質、重金属などがあり、原料や製品の安全性を日々評価し、弊社製品の『品質』維持に努めています。それから、手を動かす分析業務以外では、工場における安全衛生の維持や向上のため、従業員への勉強会や具体的な改善提案なども行っています。その他にも、技術向上や知識習得の為に勉強会や展示会への参加もしています。また、鹿島地区は日本有数の飼料団地であり、茨城県飼料品質改善協議会にも所属しています。

成功体験、失敗体験について

<成功体験>

私自身、品質管理チーム歴3年目のまだまだ駆け出しである中、現在、基本的な品質管理室業務全般について任せてもらい、日々精進の毎日です。その中で、昨年初頭、機器が古くなったための機器更新!という業務が発令されました。その機器は、日々の分析にとても重要なものであり、無くてはならないものです。また、大きな買い物(金額的にも責任的にも)の経験や、メーカーの方との価格交渉などもしたことがなく、多くの不安もありました。ただ同時にワクワクするような気持ちもありました。しかし、任せてもらったからには、しっかりやろう!と心に決め、機器の選定⇒複数メーカーとの細部までのやり取りや価格交渉⇒製品選定⇒晴れて納品!!といった一連の流れを、上長の助けを得ながら、なんとかやり遂げることができました。他方に断りを入れることや値下げ交渉の術など、苦難もありましたが、無事に機器が納品された瞬間、安堵のような一種の達成感を感じました。

<失敗体験>

ある日、ビタミンA(以後V.A)の分析時、明らかに製品中のV.A含有量が少ないという結果がでました。いつものように方法や手順を見直しましたが、ミス等は見当たりませんでした。そのため、もう一度行いましたが、変わらずの低い...という結果。この結果では、製品としてまずいという不安な気持ちとともに、上長へ相談に行きました。すると、最初のステップの単位換算(V.AはIUという単位なのです)での勘違いが発見され、その後はきちんと分析できました。どんな時も冷静さが大切と痛感をしたほろ苦い経験です。

JNCに就職を決めた理由は?

『業界NO.1を目指すバイタリティ』、その一言に尽きます。入社を決める際、若い会社であることもあり、多少の不安があったことも事実です。ただ同時に、その不安を吹き飛ばすほどの推進力を肌で感じることができ、そこが決め手となりました。またそのプロセスにおいて、若手にも多くの責任ある仕事が任されているとのお話も直接聞くことができ、さまざまなチャレンジをしたい!という私の想いと一致したことも理由の一つです。

<ミネラル分析の日>

7:45頃
車で音楽を聴きながらの通勤
8:05
メールチェック
8:30
分析準備(器具等)
分析サンプルの秤量
分析前処理
12:00-13:00
お昼休憩
13:00
メールチェック
分析サンプルを機器で測定
分析結果のデータ処理
明日のサンプル準備等
17:50
退社(ときにサブスリー目指しジョギングトレーニング)

※上記は2015年6月時点の情報となります。

他の社員紹介を見る

営業 Y.K 品質管理 Y.T 技術・営業サポート H.T 営業 M.E 業務・CSM A.N

エントリーする

PAGE TOP